知りたい!カーラッピングの構造

カーラッピングについての情報が満載です!

このサイトでは、知っておきたいカーラッピングの構造を解説しています。
ラッピングの裏面についても言及されており、剥がれない仕組みを理解できるのが魅力です。
また、同ラッピングの圧着に関しても説明がなされており、剥がす際のポイントについて紹介されています。
加えて、ラッピングの柔軟性に関して、様々なデータに基づきながら分り易く説明がなされます。
最後にはラッピングのガラスビーズのページも設けられており、様々なデザインを楽しめます。

知っておきたいカーラッピングの構造を解説

知っておきたいカーラッピングの構造を解説 カーラッピングは圧着と加熱によって、特殊フィルムをクルマに貼り付ける構造になっています。
施工の種類としては、クルマ全体をフィルムで覆うフルラッピング、一部分だけに施工する部分ラッピングに分かれます。
部分ラッピングには、企業名や商品名などを切り抜いて貼る、デザインラッピングも含まれます。
即ち、自車を広告塔仕様にします。
通常のフルラッピングでは、ドアノブや鏡などを含めて車体全体に施工します。
パーツラッピングとしてはルーフ部分をメインに、希望する箇所に貼るのが一般的です。
そしてデザインラッピングの構造は、アニメキャラなどのラッピングを車体に貼り付けるものです。
因みに一般車に限らずバスやトラック、レーシングカーなどにもカーラッピングが施されています。

カーラッピングとは何か、またその仕組みについて

カーラッピングとは何か、またその仕組みについて 皆さんはよく街中で、広告や選挙等で車にイラストや写真が張られているのを見たことがありますか。
実はそれらの車は塗装によるものではないんです。
今回はカーラッピングとはどのようなことを指すのか、またどのような仕組みなのかについてご紹介していきます。
初めにカーラッピングとは前述したとおり塗装ではなく、自動車専用のフィルムを使って、加熱や粘着によって、車体に付けるものです。
メリットとしては、塗装のように一度塗ってしまったら二度とはがせないということがないこと、好みに応じて簡単にデザインを変えられるなどがあげられます。
それでは一体どのような過程を経て、カーラッピングは完了するのでしょうか。
フィルムには内側に粘着剤がついており、ヒートガンで加熱することで圧着させます。
もちろんフィルムには柔軟性があるため、車体の凹凸にもしっかりくっつきます。
またカーラッピング自体も日に日に進化をし続けています。
具体的には性能面でいかに車を守れるかというフィルムの耐久性や、生産性を向上させる工夫などがあります。
また、フィルムのバリエーションが質感や色などで多数あり、自分好みに車をカスタマイズできます。
皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

カーラッピングの参考サイト

カーラッピング 東京